ホワイトデーのお返しに食べ物以外ならミモザの花がおすすめ

ホワイトデーにミモザの花を

ホワイトデーのお返しといえば、チョコレートをはじめスイーツなどの食べ物が多いですよね。

ただ、長く付き合っている恋人や夫婦では毎年同じパターンでマンネリ化している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回はホワイトデーのお返しとして、ミモザの花をプレゼントすることをおすすめします。

どうしてミモザの花?そもそもミモザって?
どこで買えるのかな

この記事では、ミモザの花がおすすめな理由や購入できるフラワーショップについてもご紹介していきます。

目次

ミモザの花とは

ミモザはアカシアの木の総称で、黄色い小さな花が集まって球状になり、たくさんの花を咲かせます。
小さなポンポンが集まっているようで、かわいらしいですよね。

ミモザの花が咲くのは2月~3月ごろで、花が咲くと木全体が黄色く染まり、春の訪れを感じさせます。

ホワイトデーにミモザの花がおすすめな理由

3月8日は国際女性デー

毎年3月8日は「国際女性デー」となっており、これは国連が「女性の十全かつ平等な社会参加の環境を整備すること」を目的に1975年に制定しました。

イタリアでは「ミモザの日」と呼ばれ、この時期に花が咲くミモザがシンボルとなっています。
この日は男性が感謝の気持ちをこめて、恋人や妻、母にミモザの花を贈る風習があり、町中が黄色いミモザの花で彩られます。

日本でいうと、母の日にカーネーションを贈る風習のようなものですね。

そして、国際女性デーとホワイトデーが近いことから、お返しに選ばれるお花としてミモザの花は人気が高いんです。

この時期にしか手に入らない

ミモザの花が咲くのは毎年2~3月頃で、市場にもこの時期にしか出回りません。

せっかくお花をプレゼントするなら、季節感のあるものが良いのではないでしょうか。

また、ミモザの花はドライフラワーとしても人気が高く、インテリアとして飾り長く楽しむことができます。

ミモザを買うなら通販がおすすめ

ミモザの花は開花時期が決まっているので、通販で買うことをおすすめします。

お仕事で忙しい方や近所にお花屋さんがない場合でも、ネットで買えるのうれしいですね。

数あるオンラインフラワーショップのなかで、ミモザが買えるのはHitoHana(ヒトハナ)です。

\ 公式サイトはこちら/

HitoHana公式サイトより引用

HitoHana(ヒトハナ)は、花や植物専門のオンラインフラワーショップです。
生産者からお客様へ直送することでコストを削減し、低価格で新鮮なお花を提供しています。

2020年10月からはお花の定期便サービスも開始し、利用者は現在10万人以上、専門店ならではのクオリティの高さが好評です。

ネットでお花を買うのは、実物を見れないので不安な方もいらっしゃるかと思います。

そこで、HitoHana(ヒトハナ)では次のようなサービスがあります。

HitoHana(ヒトハナ)の特徴

  • お花に関する要望を事前にメールやLINEで無料相談できる
  • 配送前に実物の写真送信サービスがある
  • メッセージやラッピング無料
  • お花の鮮度保持液つき

商品を購入する前に、「ピンクのお花を追加したい」、「全体的にブルーにしたい」など、事前にメールやLINEで無料相談することができます。

また、配送前に実物の写真を無料でメール送信しているので、「実際どんなものか心配」という不安を解消できますね。

希望があればメッセージやラッピングも無料でおこなっているので、日ごろの感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

小さなひとことメッセージがあるだけでも女性は嬉しいものですよ。


HitoHana(ヒトハナ)では、ミモザを使った花束が3種類あり、それぞれS、M、Lのサイズがあります。

鮮やかな黄色

ミモザ 花束 イエロー M 6,600円(税込)

ミモザをいっぱいに使った花束で、鮮やかな黄色はお家のなかを明るくしてくれます。
元気がでてくる色ですね。

ミモザの花一つひとつは小さめですが、こうしてみるとボリュームがあります。

艶やかなボルドー

ミモザ 花束 ボルドー M ナチュラルブーケ 7,700円(税込)

ボルドーカラーを全体的にミモザの花が差し色になっています。

大人女性というイメージがあり、これもステキです。

かわいらしいホワイト

ミモザ 花束 イエロー S ナチュラルブーケ 5,500円(税込)

ホワイトやグリーンにミモザがプラスされた仕上がりになっています。

かわいらしい女性に似合いそうやわらかいカラーですね。

枯れたあともドライフラワーとして楽しめる

花束の贈り物は枯れてしまい、処分するとき悲しい気持ちになってしまいますよね。
(生きているので、そのはかなさが魅力でもありますが…)

ミモザの花は乾燥しやすいのでドライフラワーに最適で、初心者の方でも失敗せずにできます。

思い出がインテリアとして残り、長く楽しむことができるのは嬉しいですね。

ミモザのドライフラワーの楽しみ方

ミモザのドライフラワーは、スワッグやガーランドとしてお部屋に吊るしたり、リースにして玄関に飾ってもステキです。

ハーバリウムはここ数年、ギフトや手作りで楽しむ方も増えましたね。
材料は100均でも売っていますし、意外と簡単にできるのでおすすめです。

まとめ 花は人を笑顔にする

お花は癒し効果もありますし、多くの女性を笑顔にしてくれます。

黄色いミモザの花は春の訪れを感じさせ、外出が難しいときでも家のなかが明るくなりますね。

すてきなホワイトデーをお過ごしくださいね。

\ ミモザ特集/

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

3 × 1 =

目次
閉じる